マカオ情報

マカオ新着情報

2010/07/01

マカオ政府が世界遺産サインポストを設置

マカオの世界遺産が登録されてから約5年・・・やっと世界遺産地区とてて認定された、22つの建物と8つの広場にそれぞれサインポストが設置されるようになった。

一番最初に設置されたのが大堂(カテドラル)の前。

各サインポストには、中国語・ポルトガル語・英語・日本語で建物の歴史が説明されている。
この標識はすべて上海万博のマカオパビリオン『兎の灯篭』を担当された、マカオ建築家のCARLOS MARREIROS氏がデザインしたもの。

来月8月中には30か所すべての設置が完了する予定。

【Macau News, 7月1日】

←前へ ↑一覧へ 次へ→
page top